アイフルホーム

「いい家を建てたい」「いい家に住みたい」とは誰もが思っていることです。
でも、いい家とは、本当はどんな家でしょう。
わたしたちアイフルホームは「キッズデザイン四つの定義」を満たす家こそが、子どもにとってだけではなく、家族の安心で幸せな暮らしが生涯にわたって継続できる「本当にいい家」だと考えています。そのために次の六つの条件を掲げています。
最近、「ユニバーサルデザイン」という言葉がよく用いられるようになりました。
ユニバーサルデザインとは、「ユニバーサル=普遍の、全体の」という言葉が示しているように、年齢や障がいの有無にかかわらず、できあがったときから誰でも利用できるようにデザインされていること、つまり、「みんなのためのデザイン」ということです。
ところが、日本では、「ユニバーサルデザイン」を名乗る商品の多くが、シニア富裕層のためのモノづくりになっていて、実は子どものことを考えられていないものが非常に多いのです。家庭の中で一番弱いのは“子ども”です。子どもは“危険”の多くをまだ知りません。
これに対して、子ども目線の家づくりでは、年をとった人も体が不自由になった人も、どんな人でも快適に暮らせる本当の意味での「みんなのための」家づくりを実現するものです。
ユニバーサルデザインの原点を実現する家づくり、それが子ども目線の家づくりです。

おうちの相談窓口目線!

「アイフルホーム」は、ここがおすすめ!

木造のローコスト住宅を主力としていることで、若い層からの人気も集めています。「間取りを限定することによって、設計・積算の費用も抑えていること」や「INAXやトステム等が参加するLIXILグループの総合力を生かし、各種建材や住宅設備機器等を安価に入手していること」などからリーズナブルな価格で住宅を提案されている住宅会社です。

ご来店のご予約はこちらから

いつでもお気軽に「おうちの相談窓口」へお問い合わせください!

おうちの相談窓口とは
サービスの流れ
ご利用者の声
施工事例
提携住宅会社一覧
よくある質問
Copyright © おうちの相談窓口 山口小郡店 All Rights Reserved.
Page top
モバイル表示